• >
  • >セラミックでこのオーデマ・ピゲ選択がクロノグラフ製造するが好きで

    セラミックでこのオーデマ・ピゲ選択がクロノグラフ製造するが好きで

    時間:2020-12-17

    初としてすべてセラミックの材質でケースとベゼルロイヤルオークオフショアクロノグラフ製造して、この直径は44ミリメートルのスポーツ型腕時計に達して深い黒色でその高性能とますらおぶりを明らかに示します。

    セラミックでこのオーデマ・ピゲ選択がクロノグラフ製造するが好きで、こようなかたい材質の長持ちして丈夫なずば抜けている特性から源を発するのです。

    セラミックの摩擦に強さ性はきわめて良くて、そ表面でようやく罫書きを分けることができるダイヤモンドがしかなくて、そ硬度は精密な鋼でるかに勝ります。しかしこの特性セラミックの材質モジュール備えるのに対して加工を行ってもっと多い時間とコスト消費しなければなりません。

    ロイヤルオークオフショアクロノグラフ手首作って12時間近くが必要で、ベゼルも1つ精密な鋼の材質ベゼル作るに比べて多く8時間つぶします。セラミック材質高水準精密な加工工程に対して精密な鋼材本質的で精密な加工工程に対してと同じくらい美しいです。

    取り上げる価値があった、オーデマピゲセラミック合金を得意とするのが好きです

    タンタル金とセラミックは材質革新して高性能のスポーツ型デザイン中でで運用する待ちます。

    完璧に細部を求めるために下がりと罫書きリスクが現れて、オーデマ・ピゲ技師が絶えず改善する態度を受けてその通りにするが好きで、セラミックでクラウンと押しボタンを製造します。チタン合金材質採用して製造するサファイアクリスタルガラスの底ふたと腕時計のバンドのベルトバックルがしかありません。

    ベゼルねじは精密な鋼材質採用します。

    突然こ時計算する雄壮で力強い特質を現すため、布拉蘇絲愛に位置してオーデマ・ピゲロイヤルオークオフショアシリーズすばらしい黒色“MトgaTapisserie”の超大型格形そまま用いて紋様に扮して時計文字盤飾りに来て、そして含蓄ありげに12時に位置のは黒色小さい秒針皿組み込んで、6時にと9時位置は黒色タイミングを組み込んで時計の文字盤を積み重ねます。

    クロノグラフ皿の付けてある赤色のポインターが読みさせる時はっきりしている明瞭だ、中央のタイミング秒針針先も同じ色調を採用します。こクロノグラフは剛直で気骨があって鋭いの特徴にして、すべて細部処理は皆すばらしくて贅沢な風が現れます。