• >
  • >こ時計と以前ブライトリング風格が全く違って

    こ時計と以前ブライトリング風格が全く違って

    時間:2020-12-21

    ブライトリングは全く新しい機械jishi腕時計を発表して、このシリーズ新作時計がわりに高いのがあって度を知っている弁別します。時計注目されるチョウローラー玉精密な鋼ブレスレット差し引いておよびベゼルインジケーターシンボル的なに付いていて回転してベゼルすべて適切にブライトリングの近代的なヴィンテージ風が現れました。

    こ時計と以前ブライトリング風格が全く違って、仕事、時計文字盤設計、色組み合わせがすべて人に見るもの聞くもがすべて新鮮な感覚をあげるなにも関わらず。

    10月時にレディース機械jishiも次に線に行きます。こ時計は造型の上からとメンズ機械jishiはたいへん似ていて、いくつか精髄一部設計も時計文字盤の大きさによって調整行って、腕時計を見たところ更に調和がとれていさせます。私達そ中1モデル36ミリメートルの藍盤を例にして、事細かに少し鑑別評定します。

    こ時計は弱々しいキュート型でなくて、相反するそれは人の感覚腕利きだと満たした力に思います。こ時計の直径36ミリメートルで、扮して紋様青い盤面放射して精密な鋼材質ケースによく合う太陽があって、非常にすばらしくて何度見ても飽きません。

    盤面の上全体配置簡潔に上品で、12時に位置にブライトリングシンボル的な“B”字形logoがあって、6時に位置1つカレンダー窓口設けました。皿顔つきがよく合う銀色線形時と標識とポインター、時表示して立体になって形に盛り上がって、秒針のてっぺんはブライトリングlogo造型を採用して、高く備えて度を知っている弁別します。

    その他に、時標識とポインターは皆夜光上塗りがあって、暗い環境次も高速が読むことができる時便宜を図ります。

    側面からケース一部が針金つくり処理したのを見ることができて、時計全体線はなめらかで平らで滑らかで、10ミリメートルの厚さもも比較的ちょうど良くて、慣れてつけた試みてとても心地良いと感じます。