• >
  • >初めてIWCデキストリー緑色バージョンを見ましたが

    初めてIWCデキストリー緑色バージョンを見ましたが

    時間:2020-07-06

    IWCポルトガルシリーズコピー腕時計緑力を探る、最新の緑盤面万国だけでなく、ポルトガルで初めて緑色使ったもで、初めて公式オンラインの逸品店に限定する試みです。ポルトガルクロノグラフ2020年度に全面的に透明ベースカバーの設計に変更し、IWCが近年開発した量産型クロノグラフ69系ムーブメントを搭載しています。

    初めてIWCデキストリー緑色バージョンを見ましたが、ある角度から見ると、黒いと思いますが、黒い中に墨緑光が漏れています。また、いくつか角度眩暈防止ため、サファイア鏡面関係もあります。青い光がいくつか現れます。ポルトガルシリーズ青い面盘とは异例の働きしています。それは真っ青な奔放でなく、真っ青な霊动ではなく、夜遅くまで低かった青に近いです。

    ポルトガルスーパーコピーは白い面、青い面、黒い面から灰色の面黒い輪まで、ずっとIWC文で担当しています。経典の形とっくに人々の心の中に植えられています。新しい69系オリジナルムーブメントと透明な底蓋のデザイン加えました。

    フェイスプレート最も内縁速度計目盛り、よく見るとやや浅め色度緑で、中央フェイスプレート濃い緑質感を沈殿させます。私たちは面盤緑を形容しています。そ中で最もよく使われている、軍緑(より暖かい色合い緑)、イギリスのレーシンググリーン(Racing Green)です。IWCコピー腕時計の最新新緑ポルトガルは、イギリスのレーシンググリーンに近い冷たい色合いです。

    私IWC緑デキストリンと呼びたいです。こ緑だけでなく、森奥を歩いていると、緑に包まれた安全と快適さを感じることができます。また、IWCコピーブランド腕時計は環境保護、持続可能な発展に努力していると信じています。シャフハウゼンというIWC N級品によって栄えた素晴らしいものを守り続けます。正確なデザイン作り出す。